メディアのキーポイント

ニュースや雑誌などのキーポイントを押さえていくブログ。

「最後の将棋電王戦 コンピューターの"創造性"は?」ほか

 

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/image/c170330_0.jpg

「文化庁の京都移転 地元とのズレ」(ここに注目!)

「文化庁の京都移転 地元とのズレ」(ここに注目!) | おはよう日本 「ここに注目!」 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

名越 章浩  解説委員

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電王戦 最終的にどうなったのでしょうか?

AIについては スマホで朝生でも詳しく討論していましたが…

どちらにしても 人間にプラスになるようにAIも発展していってほしいものですね。

人間に優雅な生活が待っているのか?

首脳外交と国民の視線 ほか


社会保障制度見直し 小泉進次郎氏らが提言


社会保障での年齢定義見直し慎重に~厚労相|日テレNEWS24


【青山繁晴】蹴散らせ(2017年1月9日)

 

トランプ

トランプ

 

 

「首脳外交と国民の視線」(くらし☆解説)

島田 敏男  解説委員

◆先月中旬に臨時国会が終わった後、安倍総理大臣は外交日程の連続だった。日本を訪れたロシアのプーチン大統領との会談、そして、ハワイの真珠湾を訪れて、間もなく退任するアメリカのオバマ大統領とも会談。そうした首脳外交の取り組みと成果を、国民がどう見ているのか。昨日まとまった今年最初のNHK世論調査をもとに探る。

k170111_01.jpg

◆まず、年明け早々の内閣支持率は、どうだったのか?

【続きを読む】

「消費の実態 本当に見えているのかな?」(くらし☆解説)

関口 博之  解説委員

(VTR)
▼福袋に、セールの目玉商品。年の初めのお楽しみです。
今年の新春初売りは、多くのデパートで、
売り上げが去年を上回る、幸先の良い滑り出しになったようです。

▼賑やかな初売りからご覧いただきましたが、実は最近、
消費が好調なのか、良くないのか、見極めにくくなっているともいいます。
そこで、今回のテーマはこちら、
「消費の実態 本当に見えているのかな?」です。

k170110_1.jpg

【続きを読む】

「手洗いで感染防ごう ノロウイルス」(くらし☆解説)

中村 幸司  解説委員

2016年から17年にかけての冬、ノロウイルスの感染が広がっています。そこで、感染対策の基本である手洗いについて考えます。

k170106_01.jpg

【続きを読む】

「トランプ次第? 2017年 私たちのくらし」(くらし☆解説)

今井 純子  解説委員

2017年。今年のくらしについて、今井純子解説委員。

k170105_1.jpg

【タイトルにある、トランプさん。アメリカの次期大統領ですね?】
そうです。今月20日に、正式にアメリカの大統領に就任する予定です。

【続きを読む】

「2017年 社会保障はどうかわる?」(くらし☆解説)

藤野 優子  解説委員

k170104_01.jpg

【今年の社会保障の見直しのポイントは?】

【続きを読む】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連ニュース他は ニュース-よろず版にてお送りいたします。

動画では おまけで 青山繁晴さんの 中国批判の動画を足しておきます。

「映画で考える難民問題」ほか


8/19(金)加瀬英明×倉山満『日本らしい国づくり』vol.2 〜岸信介と日本の安全保障〜 安保のここだけは押さえておいて!

「映画で考える難民問題」(くらし☆解説)

二村 伸  解説委員

難民をテーマにした世界のすぐれた作品を上映する「難民映画祭」が9月17日から始まります。映画祭はUNHCR駐日事務所が難民問題に理解を深めてもらおうと、11年前から毎年開催してきましたが、迫害や紛争によって住む家を追われた難民や国内避難民が世界全体で6500万人を超え、戦後最悪を記録、ヨーロッパでは多数の難民が流入し大きなニュースになっただけに今年は関心が高いようです。映画を通して難民問題を考えます。

k160914_02.jpg

【続きを読む】

「政治の課題と国民の視線」(くらし☆解説)

島田 敏男  解説委員

☆7月の参議院選挙の後、オリンピック、パラリンピックに関心が集まり、政治の課題を巡る国会での論戦の方は暫くお休みの状態が続いていましたね?

◇そうですね。でも国内政治でも外交・安全保障の分野でも様々な動きは続いていまして、それを議論する臨時国会が間もなく今月26日から始まります。
◇きょうはそれを前に、最新のNHK世論調査を見ながら国民の皆さんの見方、考え方を探っていこうと思います。

k160913_1.jpg

【続きを読む】

 

 

奥四万十

NHK総合1 4月23日(土) 午前7時30分
おはよう四国
「四国プラス」では、四万十川の源流を訪れ、目だけでなく、耳を澄まして自然の魅力を思う存分、体感します。ゆったり、のんびり過ごすことで見つかる「奥四万十」の奥深い魅力を紹介します。「西日本の旅」では、温泉の町・佐賀県嬉野市を訪ねます。お茶と桜の春色に染まった風景から、エネルギーを受け取り、力強く生きていこうとする人々の姿を見つめます。

www.nhk.or.jp


1605 ♪ 四万十川 ☆ 三山ひろし ◇ ① 160130


高知県 四万十川:河口~中村地域【空から公式】


四万十川 あつよしの夏

天体観測衛星ひとみ

f:id:ensan2:20160224121859j:plain

fanfun.jaxa.jp

www.huffingtonpost.jp

www3.nhk.or.jp

ひとみの天体観測によって ブラックホールの謎が解明されると、

宇宙の成り立ちから進化の過程まで解明される契機になるかもしれないのですね。

ひとみの技術も大したものだとリンクの動画からも分かります。

 

宇宙の誕生と終焉 最新理論で解き明かす! 138億年の宇宙の歴史とその未来

宇宙の誕生と終焉 最新理論で解き明かす! 138億年の宇宙の歴史とその未来

 

 


X線天文衛星「ひとみ」打ち上げクイックレビュー | | Launch of X-ray Astronomy Satellite "Hitomi" Quick reviewed movie.


天体観測衛星の打ち上げ成功 「ひとみ」と命名

 

f:id:ensan2:20160224121921j:plain

日常で使える大和言葉 ほか

視点・論点 [総合]月~金 午前4時20分~4時30分/[Eテレ]月~金 午後1時50分~2時
記事一覧

視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス


2016年01月25日(月)
日常で使える大和言葉

視点・論点 「日常で使える大和言葉」 | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

抜粋


大和言葉1


【学問ノススメ】 上野誠(奈良大学教授) 大和言葉の歴史に観る、言葉の奥深さ。言葉で豊かになっていく。すべてのものに対して感謝の気持ちと相手を思いやる奥ゆかしさが宿る。


サヘル・ローズ学んでいる「大和言葉」 ~イランでは第2外国語として日本語が人気~

 

日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現

日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現

 
これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)

これを大和言葉で言えますか? (青春文庫)

 
一目置かれる大和言葉の言いまわし

一目置かれる大和言葉の言いまわし

 

 

大和言葉が注目されています。この2年間に20冊ほどの本が出版されており、テレビや新聞でも大和言葉が取り上げられています。また、大和言葉の講座も各地で開かれているそうです。
今回は、大和言葉のあらましを簡単にご紹介したあと、メールに使える言葉、電話や日常会話で使える言葉をお伝えします。・・・・・

日本語には新しい言葉を作る力があり、新しい時代にふさわしい新しい言葉も次々に生まれています。新しく生まれる言葉とともに、いにしえの人が残してくれた言葉を大切に使い、また次の世代に引き継いでいきたいと思います。 

2016年世界経済と日本経済

 

2016年 世界の真実 (WAC BUNKO 224)

2016年 世界の真実 (WAC BUNKO 224)

 

 


1/3【新春討論】日本と世界経済の行方[桜H28/1/2]


2016年日本と世界経済の予測。新たな動き(スピリチュアルメッセージ)

2016年の世界経済ですが、今年も鍵を握るには米国の利上げと中国経済だと考えています。まず、米国の利上げが大きな混乱なしに進められるかどうかが、重要なポイントになります。ここでは、米国経済自体への影響も然ることながら、新興国への影響が注目されています。過去にも、米国が金融を引き締める過程で新興国が危機に見舞われることは何度もありました。とくに今回は、米国が量的緩和と呼ばれる異例に大胆な金融緩和を進める中で、大量の資金新興国に流れ込んでいましたから、その逆流が懸念されているのです。
 一方、中国は今年も株安で年初から世界の市場を騒がせましたが、マクロ経済は徐々に安定しつつあると見ています。しかし、中国はリーマン・ショック後に4兆元の大規模な経済対策を実施し、それがバブルを生んだ結果として、国営企業の過剰設備や地方政府の過剰債務といった後遺症を抱えています。当面の景気は安定しても、こうした問題への根本的な対応が行われない限り、中長期的な中国リスクは解消されない点に注意が必要です。
 これ以外にも中東情勢の緊迫、テロや難民問題など、世界の政治経済を取り巻く環境は不確実性を増しています。IMFは今年の経済成長率が3.6%に高まると予想していますが、この見通しは毎年のように下方修正されています。事実、2015年の成長見通しは3.1%と申し上げましたが、1年前には3.8%と予想していたのです。今年も、世界経済の成長率が目立って高まることは期待しない方がいいと思います。
 翻って日本経済ですが、昨年の秋頃から輸出も少し増え、一時期の踊り場から抜け出しつつあります。ですから、世界経済さえ安定していれば、今年も暖やかな回復基調を続けるだろうと考えています。
 先程も申し上げたように、今年の世界経済がはっきり加速するとは思えません。